2007年09月23日

感動の連発! 柴又帝釈天

参道の突き当りにある二天文をくぐって、境内の左側に目を向けると 「 御神水 」 があります。
何を隠そう、この 「 御神水 」 寅さんの産湯に使ったそうな!

お〜!感動!!!

で、この 「 御神水 」で手を清めて帝釈堂へ。

日蓮上人が自ら彫ったと言われる板元尊が!

これまた凄い!!!

何たって、日蓮上人が自らですよ!!!
再び、感動!!!

そんなこんなで、お参りして、柴又帝釈天をでました。

ちなみに・・・

柴又帝釈天は商売繁盛、厄除けのご利益があるそうです。



これが日蓮上人です。

posted by 帝釈天大好き! at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美味しいお団子屋さんを発見!

⇒⇒ おいしいお店情報!


京成金町線の柴又駅を降りたら、柴又帝釈に向かって、「柴又帝釈天」参道をぶらりとぶらりと散策。

昔懐かしいお店が軒を連ね殺伐とした現代からタイムスリップしたようで、温かみにほっ!っと心が和みます。
今にも寅さんがひょこっと出てきそうなそんな雰囲気のする参道です。

そこを歩いていると・・・

お団子が目に飛び込んできました``r(^^;)ポリポリ

そのお店、ナ、ナント!100年以上もの歴史のある老舗のおだんご屋さん!

屋号は 「 高木屋老舗 」

実はこのお店、 「 男はつらいよ 」 に登場する寅次郎のおいちゃん、おばちゃんが経営するおだんご屋さんのモデルになったお店なんです!

それ聞いては、寄らないわけには行きません!!!

聞くと・・・

おたんごに使われているお米は特選の 「 コシヒカリ 」
よもぎは、筑波山麓産の柔らかい新芽だけを摘んだものだとか。
また、あんこにおいても十勝産と材料に拘りながら、今まで昔ながらの味を守ってきているそうだ。

そんな事を聞きながら食べるもちもちの草餅、草だんごは・・・ほっぺが落ちるほどのおいしさ!

是非!ご賞味あれ!!!

おだんごの他は、塩せんべい、こがね餅なんかも有名らしい。
取り敢えず、お腹が満たされたので、次回、来た時の楽しみに取っておこう♪

通りを挟んで、茶飯やおでん屋さん等で、軽い食事が出来るので、休憩にはもってこい!

他にも佃煮屋さんや駄菓子屋さんに煎餅屋さんと昔懐かしいお店がずらりと並んでます。

本当に柴又って良い所だな〜♪

⇒⇒ おいしいお店情報!

posted by 帝釈天大好き! at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[ 柴又駅 ][ 柴又帝釈天 ]までのアクセス方法

★京成線 「京成上野駅 」 方面からは「京成高砂駅」にて京成金町線に乗り換え約30分。
★京成バス「柴又帝釈天」バス停下車徒歩1分くらい。

または・・・

JR小岩駅より京成バス
金町駅行 [ 小55 ] [ 小56 ] ( 新柴又駅・京成小岩駅入り口経由 ) に乗車、 [ 柴又帝釈天 ] 下車。
時間的には、5分くらいといったところか。

⇒⇒ お散歩情報!

posted by 帝釈天大好き! at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柴又ってどんな所?

東京都葛飾区東部にある地名が柴又である。

現在の住居表示は、柴又一丁目から柴又七丁目まである。

郵便番号は 125-0052 。

古くより柴又帝釈天の門前町として知られていたが、映画「男はつらいよ」の舞台となったことで更に広く認知されるようになった。

江戸川対岸の千葉県松戸市・矢切地区とを結ぶ渡し船 「 矢切の渡し 」 の渡し場がある。


⇒⇒ 困らないための情報!



動画を見つけてきました。
情緒溢れる下町の雰囲気が伝わると思います。
宜しかったら、ご覧下さい。

posted by 帝釈天大好き! at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
dummy dummy dummy

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。